株式会社 清野機械
●油圧制御機械の製造●
清野機械は油圧制御システムについて高い技術力を持っており、 これらを活かした様々な装置を製造しています。
阪神大震災の体験から、耐震性の高い水道管・ガス管の敷設の重要性が 再認識されています。「タッピングマシーン」は耐震型水道管継手の パッキング締め付け部の穴空けとネジ切りを自動的に行う装置です。 穴明け及びネジ切り時のドリルの回転速度、力、切削厚さ等の調整を 自動化し、加工の精度を格段に向上させました。継手管製造会社の 貴重な戦力として、無くてはならないシステムとなっています。
「多軸ラジアルボール盤」は水道管のフランジ接続部の削孔を一度 の動作で精度よく行えます。車に麦を乗せたまま乾燥状況をスピーディーに 測定できる「麦乾燥サンプリングシステム」は各地に多数の納入実績を持っています。 これらの他、農業用水路の転倒ゲートの「油圧制御ユニット」、平ボーテの車を 車両ごと傾けて荷卸しを行う「カーダンパー」、ゴミの容積を少なくして運搬 などの処理を簡素化する「ゴミプレス装置」、昆布を梱包する「昆布の圧縮梱包機」 、運搬の際に荷崩れしないよう、巻き取り断面が矩形になるよう工夫された 「水道用ポリエチレン管の巻き取り装置」等々、各種装置・システムを製造し、 顧客の作業・製造工程の省力化に貢献しています。